ウポポイ(民族共生象徴空間)とは

UPOPOY ウポポイ(民族共生象徴空間)

  • 国立アイヌ民族博物館
  • 国立アイヌ民族博物館
  • 国立アイヌ民族博物館
  • 国立アイヌ民族博物館

ウポポイは、アイヌ文化復興等のナショナルセンターです。

ウポポイ(民族共生象徴空間)は、2020年4月24日、北海道白老町(しらおいちょう)ポロト湖畔に誕生するアイヌ文化復興・創造の拠点です。
愛称「ウポポイ」は、アイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味します。

愛称の選考について(PDF)

【ウポポイの主要施設】
  • 国立アイヌ民族博物館
    先住民族アイヌを主題とした日本初の国立博物館。アイヌ民族の視点で語る多彩な展示で歴史や文化を紹介します。
  • 国立民族共生公園
    体験型フィールドミュージアムとして、古式演舞の公演や多様な体験プログラムを通じて、アイヌ文化を体感できます。
  • 慰霊施設
    アイヌの方々による尊厳ある慰霊を実現するための施設として、ポロト湖東側の高台に整備されます。

アイヌ文化の振興や普及啓発は、伝承者の減少、アイヌ語や伝統工芸など存立の危機にある分野の存在、また、未だなお、アイヌの歴史や文化等について十分な理解が得られていないといった課題に直面する中、2009年7月、「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」(座長:内閣官房長官)が取りまとめた報告書において、アイヌの人々が先住民族であるとの認識に基づきその後展開される、アイヌ政策の「扇の要」として提言されました。

ウポポイ(民族共生象徴空間)は、アイヌ文化を復興するための空間や施設だけではなく、我が国の貴重な文化でありながら存立の危機にあるアイヌ文化を復興・発展させる拠点として、また、将来に向けて、先住民族の尊厳を尊重し、差別のない多様で豊かな文化を持つ活力ある社会を築いていくための象徴として整備されるものです。

アイヌの歴史・文化を学び伝えるナショナルセンターとして、長い歴史と自然の中で培われてきたアイヌ文化を、さまざまな角度から伝承・共有するとともに、人々が互いに尊重し共生する社会のシンボルとして、また、国内外、世代を問わず、アイヌの世界観、自然観等を学ぶことができるよう、そのために必要な機能を備えた空間を形成します。

【ウポポイに求められる機能】
  • 展示・調査研究機能
  • 文化伝承・人材育成機能
  • 体験交流機能
  • 情報発信機能
  • 公園機能
  • 精神文化尊重機能

NATIONAL AINU MUSEUM 国立アイヌ民族博物館

    • 国立アイヌ民族博物館
    • 国立アイヌ民族博物館
    • 国立アイヌ民族博物館
    • 国立アイヌ民族博物館
    • 国立アイヌ民族博物館
    • 国立アイヌ民族博物館
    • 国立アイヌ民族博物館
    • 国立アイヌ民族博物館
    • 国立アイヌ民族博物館
    • 国立アイヌ民族博物館
    • 国立アイヌ民族博物館 プラザ展示
    • 国立アイヌ民族博物館 展示イメージ
    • 国立アイヌ民族博物館 展示イメージ
    • 国立アイヌ民族博物館 展示イメージ
    • 国立アイヌ民族博物館 子ども展示
    • 国立アイヌ民族博物館
    • 国立アイヌ民族博物館
    • 国立アイヌ民族博物館 まなぶ
    • 国立アイヌ民族博物館 あつめる
    • 国立アイヌ民族博物館 しらべる
    • 国立アイヌ民族博物館 ネットワーク

先住民族アイヌの歴史と文化を主題とした日本初・日本最北の国立博物館。
アイヌ民族の視点で語る多彩な展示でわかりやすく紹介します。

館内の解説パネルやサイン、音声ガイドはアイヌ語・日本語・英語など多言語に対応します。

【施設概要】
1階 ミュージアムショップ / 研究交流室・会議室 250㎡ / シアター 100㎡
2階 基本展示室 1300㎡ / 特別展示室 850㎡ / 展示室ロビー 300㎡

国立アイヌ民族博物館は、先住民族であるアイヌの尊厳を尊重し、国内外にアイヌの歴史・文化等に関する正しい認識と理解を促進するとともに、新たなアイヌ文化の創造及び発展に寄与する。

A

導入展示

アイヌ民族や世界の民族との出会いを演出し、来館者を展示室へいざないます。

B

プラザ展示

基本展示室の中央にあり、6つのテーマの代表的な資料が一堂に会します。

C

子ども展示

6つのテーマに対応する体験キットを手に取り、展示への理解を深めるコーナーです。

D

シアター

座席数およそ100席のシアターでは、アイヌ文化を多様なテーマから高精細・大画面映像で紹介します(所要時間/約20分)

E

アイヌ民族の視点で語る「6つのテーマ」に沿った展示

  • ・私たちのことば
  • ・私たちの世界
  • ・私たちのくらし
  • ・私たちの歴史
  • ・私たちのしごと
  • ・私たちの交流
【1階】
  • 研究交流室・会議室
    座席数最大150名。講演会やシンポジウム、ワークショップなどを開催します。
  • ミュージアムショップ
    アイヌ工芸品や博物館の展示に関連した書籍などを販売します。
  • ライブラリ
    子供向けの絵本や初学者向けの書籍、専門書などを閲覧できます。
【2階】
  • 展示室ロビー
    ポロト湖や樽前山など、雄大な眺望を楽しむことができるロビー空間です。
  • 特別展示室
    アイヌ文化、先住民族文化をはじめ、多様な切り口やテーマでさまざまな特別展を開催します。
【まなぶ】
子どもから大人まで、アイヌ文化に直接触れ体験する学習プログラムを開発し、社会教育に資する教育普及活動を行っていきます。学校教育との連携も積極的に図っていきます。
【あつめる】
実物資料だけでなく、映像・音声資料や写真、文献、複製などを収集します。また、アイヌ文化等の収蔵資料情報のデータベースを構築し、情報の発信と集約を図ります。
【しらべる・まもる・つなげる】
博物館活動に関わる多角的な調査・研究を進めます。科学の眼で材料や技術を明らかにして、資料の保存だけでなく、修復や伝統的な“つくる”技術について、現在の伝承者とともに考え、伝えていくことを目指します。
【ネットワーク】
アイヌ文化の伝承者・実践者や、博物館や大学、研究機関等との連携・協力体制をつくり、情報の共有・発信、資料の収集や共同研究等を促進します。さらに、被災文化財のレスキュー・修復等に備えます。

NATIONAL AINU PARK 国立民族共生公園

  • 国立民族共生公園
  • ムックリ演奏体験 ムックリ演奏体験
  • 木彫体験 木彫体験
  • アイヌ料理 アイヌ料理
  • 国立民族共生公園
  • 国立民族共生公園
  • 国立民族共生公園
  • 国立民族共生公園

自然の中で培われてきた先住民族アイヌの文化を五感で感じるフィールドミュージアム

国立民族共生公園は、自然と共生してきたアイヌ文化を尊重し、多様な来園者の理解を促進するとともに、豊かな自然を活用した憩いの場の形成等を通じ、将来へ向けてアイヌ文化の継承および新たなアイヌ文化の創造発展につなげるための公園的土地利用を図ります。

整備状況などについてもっと詳しく(国土交通省北海道開発局WEBサイトへ)

【基本方針】
  • 自然と共生してきたアイヌ文化への理解を深める
  • 異なる民族が互いに尊重し共生する社会のシンボルとなる空間を形成する
  • 豊かな自然を活用した憩いの場を提供する
【伝統芸能-舞踊・楽器演奏】 1.体験交流ホール、4.伝統的コタンなど
ユネスコ無形文化遺産に登録されている「アイヌ古式舞踊」や、ムックリ(口琴)・トンコリ(五弦琴)の演奏などを、来場者が一体となって楽しむことができます。
体験交流ホールでは、ステージ背景のガラス越しにポロト湖と伝統的コタンを望むことができ、ウポポイ周辺の豊かな自然と四季折々の風景が公演に華を添えます。
体験交流ホールは、車椅子対応座席を含め、約500人入場することができます。
【演奏体験】 2.体験学習館
ムックリ(口琴)、トンコリ(五弦琴)など、アイヌの伝統楽器に直接触れて、その音色を楽しむことができます。
ムックリの製作体験プログラムもご用意しています。
体験学習館は、最大400人(50人×8室)でご利用いただけます。
【ものづくり体験】 3.工房など
儀礼のための装具や着物、生活のための道具、そして、それらに施される木彫や刺繍による文様など、アイヌが伝承してきたものづくりのための技術。
木彫や刺繍などの製作体験を通じて、世界にひとつだけの作品作りをお楽しみください。
【食体験】 2.体験学習館、4.伝統的コタン
アイヌの暮らしの智恵と自然の恵みが詰まった「食」。
実際に食べることはもちろん、食材の加工や調理体験などを通じて、アイヌの食文化の奥深さを味わうことができます。
【子どもの遊び体験】 2.体験学習館、4.伝統的コタン
アイヌの子どもたちは、コタン(集落)で遊びながら、大人になった時に必要な能力や技術を身につけていきました。
その昔、アイヌの子どもたちが楽しんだ遊びを通じて、アイヌ文化を学ぶことができる体験プログラムをご用意しています。
【伝統文化の継承・発展】 3.工房、4.伝統的コタンなど
伝統的な生業(狩猟、漁ろう、採集など)や儀礼、植物の利活用、木彫や刺繍等の伝統工芸品の製作などを実演します。
伝統文化の継承と発展の場であるとともに、新たな文化がここから誕生します。
【アイヌの自然観に触れる】
ポロト湖を囲む原始性に富んだ森のほとりにある「ウポポイ」。その植生は公園の魅力のひとつです。
樹木や野草をめぐるプログラムでは、アイヌの自然観を感じることができます。
【ゆったりとした時を過ごす】 6.芝生広場など
ポロト湖畔の美しい景観を眺めながら、芝生広場でお弁当を食べたり、園内の植生を見ながら散策したり、豊かな自然に囲まれた、アイヌ文化が息づく憩いの場で穏やかな時間をお過ごしいただけます。

「いざないの回廊」、「歓迎の広場」を抜けた、その先のエントランスにて、来場者の皆様をウポポイにお迎えします。
アイヌ文化への入口となるガイダンス機能のほか、レストランやショップなど、来場者の皆様に快適にお過ごしいただくためのサービスを提供します。
食事とともに窓から広がるポロト湖の眺望をお楽しみいただけるレストラン、幅広いメニューを取り揃え食事を手軽に楽しんでいただけるフードコート、アイヌ工芸品などのお土産、お弁当などの軽食やドリンクなどを提供するショップもご用意いたします。

民族共生象徴空間MAP

LOGO MARK ロゴマークコンセプト

VISIT ご利用案内

札幌から約1時間、
新千歳空港から約40分の好アクセス!

空路

東京新千歳空港
約1時間40分
大阪新千歳空港
約2時間

道内各都市から

札幌
  • 【札幌北IC】
    高速道路利用で約65分
  • 【JR札幌駅】
    特急列車利用で約65分
旭川
  • 【旭川鷹栖IC】
    高速道路利用で約2時間20分
  • 【JR旭川駅】
    特急列車利用で約2時間30分
新千歳空港
  • 【新千歳空港IC】
    高速道路利用で約40分
  • 【JR新千歳空港駅】
    特急列車利用で約40分
函館
  • 【大沼公園IC】
    高速道路利用で約2時間50分
  • 【JR函館駅】
    特急列車利用で約3時間

※上記時間は、目安です。乗換時間は含みません。

料金
未定
営業時間(予定)
9:00~17:00

休業日 毎週月曜日(祝休日の場合はその翌日)及び年末年始